簡易査定支援サービス「Smart Navigator Next」

Smart Navigator Next

サービスレベルの向上から業務の効率化まで、医療保険事業全体の「DX」を実現

「Smart Navigator Next」は、診断書や申告書を活用した、保険の査定業務を支援するサービスです。
診断書や申告書に記載されている「傷病名」や「手術名」等のテキスト情報を解析して、公的なコードを付与し、
あわせて、特約及び手術保険金の支払可否判定に必要な、関連情報 (ICD10コード、Kコード等)を付与するサービスです。

サービスの特長

navigator1

特長①
  • 「別名表記」や「表記ゆれ」に対応した正確なコード付与を行います。
    「傷病名」「手術名」「医薬品名」のテキスト情報について、公的マスタと突合し、診療行為コードや医薬品コードを付与します。テキストを解析し、補正処理を実施することで、「別名表記」や「表記ゆれ」にも対応し、正確なコードを付与します。傷病名が1項目に複数記述されている場合でも、分割してコード付与することが可能です。
特長②
  • 査定に必要な各種コード類を付与します。
    「傷病名」からはICD10コード、「手術名」からは手術コード(Kコード)、「医薬品名」からは薬効分類コード(オプションでATC分類コード選択可能)を付与します。
特長③
    • 手術名や医薬品名から適応傷病名の導出処理を行います。(オプションサービス機能)
      コード付与された「手術名」「医薬品名」から、診療報酬算定のルールに基づいて、適応されるべき「傷病名」の候補リストを返却することが可能です。「傷病名」が不明確であった際の補填や、記載された「傷病名」と「手術名」「医薬品名」との関係性について、整合性チェック等にご活用いただけます

navigator4

Contact Us

お問い合わせ

ご不明点などのお問い合わせはこちらから

1721914445