人権に関する基本指針

Basic Policy on Human Rights

スクウェアはじめに

株式会社アジャストは、「問題解決に向かうチャレンジ精神」と「公平で親身であること」を理念として、創業から今まで歩み続けてきました。我々は、企業は社会的公器という決意のもとで、誠実で透明性の高い事業活動を行うとともに、持続可能な社会の形成に貢献していくため、次の行動規範を定めます。さらに社員一人ひとりが以下の行動規範を遵守することで、社会的な責任を果たし、すべてのステークホルダーからの信頼を得ることを目指します。

1人権の尊重

 •  一人ひとりの基本的人権を尊重します。個人の人格、個性、多様性を尊重するとともに、国籍、性別、出生、年齢、人種、思想、宗教、疾病、障がい、学歴、家族、趣味等に基づく差別を行いません。

 •  あらゆる形態の強制労働、児童労働を認めず、顧客や取引先等がこのような行為を行うことも認めません。

2社会との関係

•  「公平で親身であること」の精神のもと、相互理解が深まり、持続可能な社会を実現するために、事業活動を通じた貢献をします。

3法令の遵守

•  法令やビジネスルールについて、その制定された目的も理解した上で、誠実に遵守します。事業活動に必要な法令上の許認可の確認及び取得、届出を徹底し、それらに関する法令改正がないかを確認します。

4情報管理

•  情報セキュリティポリシーに基づき、情報を適切に管理します。当社及び顧客や取引先等の機密情報は、目的以外に利用せず、漏洩防止に努め、安全管理体制を構築します。

5サービス提供に関する指針

•  お客様の立場になって、「安心で、安全で、安定したサービス」を提供します。「問題解決に向けたチャレンジ精神」を発揮し、高い品質で独創的なサービスを開発、運営していきます。

6公正な事業活動

•  法令を遵守し、真にお客様のためになる自由で公正な競争を通じて、相互理解と信頼関係を構築し、誠実で公正な取引の実施に努めます。

•  接待・贈答は、社会的に妥当な水準を超えずに、公正な競争と取引に反することがないように行います。また、これに反  する接待・贈答は受けません。一人ひとりが節度を保ち、適切な判断をし、業務上の立場を利用した私的な依頼や取引等は受けません。

•  市民社会の秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力に対しては、介入を排除するための具体的措置を取り、一切の関係を遮断します。

7知的財産権の尊重

 •  事業活動で得た発明等を知的財産として保護し、サービスの向上のために活用します。第三者の知的財産権を尊重し、侵害しないように努めます。

8資産の運用

•  会社の資産は業務目的のみ使用し、適切に管理します。法令に則り、財務・会計に関する記録及び報告を適正に行います。

9 社員の尊重

•  社員一人ひとりが、自由な発想で能力を発揮できるように、お互いの個性や価値観を尊重します。

•  「安心して、安全に、安定して働ける職場」を目指し、社員一人ひとりがやりがいを持って働ける環境づくりに取り組みます。

10環境の保全

•  私たちが暮らす地球の環境と生物多様性の問題に関心を持ち続け、事業活動にも積極的に取り入れます。職場では、省エネルギー・省資源に努め、廃棄物の削減をしていきます。

Contact Us

お問い合わせ

ご不明点などのお問い合わせはこちらから